資産運用

【2019年2月14日】すかいらーくが減配を発表!株価はどうなる?

すかいらーく 減配

この記事では、2019年2月14日に発表された「株式会社すかいらーくホールディングス」の減配について記載しています。

「すかいらーくが減配?」

「株価は大丈夫?」

こんな疑問に答えます。

お金の勉強家satoです。

高配当かつ優待銘柄として、名高い「すかいらーく」が2019年2月14日を2019年の年間配当金を38円→19円に減らすことを発表しました。

「優待銘柄だから大丈夫!」と根拠のない自信をお持ちの方には申し訳ありませんが、十中八九株価は暴落しますね。

個人的な意見をいうと、配当目的の方は、寄り付きで即手放しがおすすめ。

 

もし、動かないのであれば株価は見ないことをおすすめします。

それくらい今回の減配はでかいです。

2019年2月15日追記

減配発表の翌日、終値は1682円(-125円)の暴落でした。やはり減配が株価に与える影響はデカいですね(;_;)

次は優待改悪リスクもはらんでいると考えてます。

ボクは投資対象から完全に除外しました。

ということで、この記事ではすかいらーくの減配について考えていきたいと思います。

 

ボクは現在、個別株をすべて売却し、インデックス投資で配当が貰えるFTSE100(イギリス株)投資で配当利回り12%で運用中です。

興味がある方はコチラのブログで運用成績を公開してますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

すかいらーくの減配の背景とは?

結論からいうと、利益が減ったことが原因です。

すかいらーくは「調整後当期利益の30%を配当」とすることが基本なのでこれに基づいた配当額ということになりますね。

2018年の利益は黒字ではありますが、「前期比-26.4%」です。

個人的にはこの数値で、同じ配当、同じ優待を維持する方が難しいかなと。

 

すかいらーくの優待は現状維持

一方で、太っ腹優待の方は、とくに発表がありませんでしたので現状維持のようです。

そのため、優待目的だ!という方は気にせず保有してもOkですね。(株価や利回りは気にしない前提です。)

 

すかいらーくの優待改悪リスクは前から懸念されている。

ただし、この優待にはもともとこんな噂がありますよね。

すかいらーくの株主優待3倍拡充の背景

主要株主「ベインキャピタル」がすかいらーくを高値で売るために、優待を3倍に拡充したのではないかという噂がある。

2017年2月株主優待を3倍にすると発表し、株価は急上昇。その後、同年11月には、主要株主「ベインキャピタル」がすかいらーく株をすべて売却した。

 

以上のことから、業績の回復が見込めない場合は、株主優待の改悪リスクは十分あると考えます。

 

というか以前から決算発表のたびに、業績低下しており、「優待改悪懸念で株価が下がることがちょくちょくありました。

そろそろ現実味を帯びてきたかなーというのが個人的な見解になります。

 

すかいらーくの減配を受けた投資方針は?

さて、では結局どんな行動をとるのがおすすめなのか。

あくまでも自己判断が必要ですが、即売却が利口な取引だと思いますね。

株式投資って、ある種人気投票なので既存の利益よりも将来性に投資されます。

そのため、業績悪化による減配は今後長期的な下落をまねくネガティブインパクトです。

さらに頼みの優待についても、改悪リスクをかなり高い確率ではらんでいますのでここも期待薄。

業種としても、値上げが難しいファミリーレストランがメインだと考えると今後の業績回復も厳しいと予想します。

 

以上のことから、取返しのつかない株価に下がる前に早めの売却をおすすめします。

 

まとめ

判断の基準としては、「自分がなぜこの株を買ったのか」を考えて、理由から外れたのであれば「すぐに売る」がおすすめですね。

だから配当目的であれば、売るべきだし、優待目的なら保有継続もありかと。

最後に突き放すようで恐縮ですが、自分の納得のいく取引をしてくださいね。

 

株価が下落する理由についてはこちらの記事でまとめています。

株 下落 理由
株価が下がる7つの要因とは?下落理由で投資行動は決まる!【実例有】 この記事では、「株価が下がる要因」について実銘柄の例をもとに紹介しています。 「株式投資をはじめた。」 ...

 

以上、”【2019年2月14日】すかいらーくが減配を発表。株価はどうなる?”でした!

「追伸」個別株投資につかれたかた向け

なお、今回の一件をうけて、配当金目的の日本株投資のリスクを痛感した思いです。

 

ぼくはたまたま12月に売却済みでしたので今回の暴落は巻き込まれずにすみました(そしてこれからもすかいらーくは買わない)。

さらに同じように利回り重視で買った「日本管理センター」の減配で含み損を抱えている真っ最中です。

 

MSワラント 日本管理センター
MSワラントと株価の影響とは?日本管理センターから学ぶたった1つの真実 この記事ではMSワラントによる株価の影響について、実銘柄を例に紹介します。 「保有銘柄がMSワラントを発表した...

現在は、個別株をすべて売却し、インデックス投資で配当が貰えるFTSE100(イギリス株)投資で配当利回り12%で運用中です。

興味がある方はコチラのブログで運用成績を公開してますのでぜひご覧ください。

以上

ランニングは「音声学習」で時間効率を高めましょう。

ランニングは健康に効くし、メンタルにも好影響ですし、なにより楽しいですよね。

ですが、さらにもう1ランク時間効率を上げる方法があります。

それが「音声学習」を取り入れること。

▼音声学習とは?

英語などの教材を聞き流して学習すること。

 

実は「見る、書く、聞く」の学習方法の中でも「聞く」の効果は特に高いと言われています。

さらにランニング中って割と無心になりますよね。

つまり五感に意識が集中しやすい為、ランニング×音声学習って相性がかなりいいです。

ボクの例だと、副業の為にWebライティングを学習したくてランニング中にメンタリストDaigoの「人を操る禁断の文章術」をずっと聞き流してました。

 

サト
サト
その甲斐もあり、現在はブログやWebライターの副業で月40万を稼ぐことができるように…!(もちろん他にも努力しました)

 

と、こんな例もあるのでもし学びたい知識がある人はランニングしながら音声学習も検討してみてくださいね(^^)/

ちなみにAmazonオーディブルなら欲しい本が1冊だけ完全タダで貰えちゃいます。

(無料体験なので一切お金はかかりません。)

>>【無料】Amazonオーディブル登録はコチラ

ジャンルも語学、ビジネス文書、などなど豊富なので、有益な本に必ず出会えます。

※ただし近年は年会費の値上げ等もしてるので、この特典もいつ無くなるかわかりません…。

 

YouTubeも悪くないんですが、広告が邪魔だし、やはり専門知識は書籍から得るべきと思うのでぜひAmazonオーディブル検討してみてくださいね。

関連:ランニングしながら勉強したい人はAmazonオーディブルがおすすめ!

ランニングしながら勉強したい人はAmazonオーディブルがおすすめ! この記事ではランニングしながら勉強したいという人のためにおすすめの学習方法を紹介しています。 ...