仕事場で不機嫌なやつはきらわれる!朝のイライラを治す3つの習慣

「しっかり寝たはずなのに、朝起きるとなんだか気分がスッキリしない。」
「朝のイライラは職場できらわれるのでなおしたい。」

こんな悩みをもつ方、多いんじゃないでしょうか?

朝不機嫌な状態で出社すると仕事の効率は落ちるし、まわりの人の印象もわるくいいことなんて1つもない!

ぼくも同じ悩みを持っていました。

そんな最悪な朝の不機嫌をふっしょくする3つの習慣を紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 朝の不機嫌を治したい人!

 

タップできる目次
スポンサーリンク

朝のイライラを治す3つの習慣

朝食を食べる

朝ごはん食べてますか?気分がすぐれない人に共通するのが朝ごはんを食べていないこと!

脳は眠っているあいだにブドウ糖を消費しています。朝、あたまがぼーっとするのはこのブドウ糖が不足しているから。

なので朝ごはんに炭水化物などのブドウ糖を摂取して、脳を活性化させる必要があるってこと!みなさん朝食を食べて朝のゆううつとサヨナラしましょう!

朝からバランスの良い食事をしっかりとることで疲労感を減らしたり、集中力が高まるなど様々なメリットがあります。

ちなみに朝は食欲がなくて食べれないって人には青汁がおすすめ!↓



休日も平日とおなじ時間に起きる

休みの日に寝だめしてる人!今すぐやめましょう!

休日に昼まで寝て、平日の睡眠不足を解消したい気持ちは分かります。が、これめちゃくちゃ逆効果!

体内時計が遅れることになって、平日朝起きるのがつらくなる。そして朝の気分が優れないというサイクルを作ることに繋がります。

休みの日こそ早起きしましょう!

いや、おれは寝たい!って人。土曜は寝だめ、日曜は平日とおなじ時間に起きるなどで調整してみて下さい。

朝日を浴びる

朝、起きたら太陽の光を浴びましょう!

夜眠っているあいだに脳はセロトニンというホルモンが消費され欠乏状態になっています。セロトニンは幸せホルモンと呼ばれ、不足していると気分がすぐれません。

朝日にはこのセロトニンの分泌をうながす効果があります。起きたらすぐにベランダに出て朝日を10分間浴びてみましょう!

スーッと気分がリフレッシュするのを実感できるはず!

すこし難易度はたかいですが、ランニングしながら朝日を浴びることで、気分も体調も良くなり一石二鳥です!

ちなみにぼくは朝ランニングで朝の不機嫌とサヨナラしました!朝から運動してしっかり汗をかくことで気分をリフレッシュ!ぜひ試してみてほしいです。

https://life-health-asset.com/%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3%e5%ab%8c%e3%81%84%e3%81%8c%e8%b6%a3%e5%91%b3%e3%81%a7%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%92%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%a6%e3%82%88%e3%81%8b%e3%81%a3/

まとめ

朝の不機嫌を治すことで職場の印象も良くなり仕事の効率もあがります。

今回紹介した3つの習慣のうち、1つでもいいのでまず試してみてください!イライラが軽くなるのを実感できますよ!

朝の不機嫌を治す3つの習慣

  • 朝食を食べよう!
  • 休日の寝だめはやめよう!
  • 朝日を浴びよう!

以上、”仕事場でイライラはきらわれる!朝の不機嫌を治す3つの習慣”でした!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる