ランニング

冬のランニングが辛いあなたへ。寒い日にこそ走るべき3つの理由と注意点

この記事では冬のランニングが寒すぎて辛い!という人に向けて冬にこそ走るべき3つの理由と注意点を解説しています。

冬は寒くて走りだすまでの気持ちづくりが大変ですよね。

せっかく始めたランニングを寒さでやめてしまう方も多いと聞きます。

 

ぼく
冬ランつらいぜって気持ち、わかります。

 

ぼく
でも僕は早く冬来ないかなーって思ってます。

 

なぜか?

寒い日に走ることで得られるメリットがたくさんあるからです。

 

 

2年やってみてむしろ「冬こそランニングに最も適した季節」だと、自信をもって言えますね。

 

ぼく
いまは「冬に走らない理由はない」とまで思ってる。

 

ということで本記事では冬にランニングをする3つのメリットと注意点」を紹介します

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 冬の寒さでランニングをやめそうな人
  • 冬ランのメリットを知りたい人

 

ちなみに結論から先にいうと冬のランニングを快適にするには防寒対策が超重要です。

あなたの寒さを和らげる手助けをしてくれるおすすめ防寒グッズは冬ランニングの寒さ対策におすすめ防寒グッズ7つ!コスパアイテム厳選!で紹介しています。

スポンサーリンク

冬のランニングにおける3つのメリット

メリットは次の3つです。

冬ランのメリット
  1. ダイエット効果が高い。脂肪燃焼効果ばつぐん!
  2. 冷え性を克服できる。体質改善のチャンス!
  3. 夏より楽に走れる。冬は体の負担が少ない!

順番に説明します。

冬のランニング効果①ダイエット効果が高い

冬はなにもしなくても基礎代謝があがり痩せやすいのをご存知でしょうか?

人はエネルギーを使って体温を36℃~37℃に維持しようとします。

つまり寒い冬は体温が下がらないように大量のエネルギーを使うことに。
基礎代謝は夏と比較して実に6%と高まるといわれています。

ただでさえ基礎代謝が高い冬の寒空の下でランニングをするわけですから、痩せやすいのは誰の目にも明らかですよね。

さらにシドニー大学の研究によると寒さを感じると体脂肪燃焼を促すホルモン「アイリスイン」「FGF21」が分泌され、10分~15分寒さを耐えることでエクササイズ1時間に相当するともいわれています。

ぼく
2年間のぼくの体重推移も冬に一気に落ちて、夏場はキープ。

冬はなにもしなくても基礎代謝が高い!

寒さに触れると体温を維持するためにエネルギーを大量消費!さらにランニングで相乗効果!

冬のランニング効果②冷え性を克服できる。体質改善!

僕の奥さんの体験談。冷え性がまじで克服できたみたいです。

冷え性の原因の1つは筋肉不足による血行不良。

女性の方に冷え性が多いのは男性より筋肉量が少ないからなんですね。

そのため冬にしっかりとランニングを継続することで筋力アップにつながり、代謝アップ、血行改善で冷え性を克服できるのです。

どのくらい改善したかというと、冬はいつもモコモコの靴下で冷え性対策をしていた奥さんが、たまに素足のときがあるくらいですね。

ぼく
寒がりな人ほど走ってほしい。
  • 筋力アップで血行を改善し、冷え性が改善できる!
ただしもともと寒がりな人は走り出すことがつらいと思うので防寒対策をしっかりしましょう!
冬ランニングの寒さ対策におすすめ防寒グッズ7つ!コスパアイテム厳選!に必要なグッズをまとめて紹介していますので参考にしてください。
ちなみに間違った防寒対策として、ヒートテックを着て走る人がたまにいるんですが、ヒートテックは逆効果なので注意です。

冬のランニング効果③夏より楽に走れる。ロングランでストレス発散!

冬は夏場に比べて楽に長い距離を走ることができます。そのためストレス発散効果も高い。

じつは冬は夏よりも体の負担が少なく、速く走ることができるのは有名なお話。

フルマラソンでも冬の大会の方が記録を出しやすく、多くのランナーが自己ベストを狙うのが冬なのです。

そして僕が冬ラン最高!と思うのがロングランがしやすいことなんですね。

ぼくの夏場の平均距離は約3kmですが、同じキツさで5kmは走れてます。

調子がいいときは気分で10km走ることも。ロングランはストレス発散効果が段違いなので、走ったあとの爽快感が最高に気持ちいい。

これが冬ランの最大の魅力です。

ぼく
走るのが嫌いだったぼくが10km走れる。これが冬ランの凄いところ。
  • 冬は夏よりも体の負担が少なく走りやすい!
  • ロングランでストレス解消効果が段違い!

冬のランニングにおける3つの注意点

さて良いことばかりの冬ランですが、注意してほしいことが3つあります。

冬ランの注意点
  1. ウォーミングアップをしっかりしよう
  2. 寒さ対策をしっかりしよう
  3. 脱水症状に注意しよう

冬のランニング注意点①ウォーミングアップをしっかりしよう。

冬はケガをしやすいです。なのでストレッチとウォーミングアップを入念に行ってください。

いきなり全力で走るのではなく、軽くストレッチした後、5分程度は軽くジョギングをしましょう。

からだが温まっていないうちに走ると肉離れなどのケガのリスクが高まります。

十分注意してください。

冬のランニング注意点②寒さ対策をしっかりしよう。


冬ランでもっとも重要なのは防寒対策です。

でも間違った防寒対策を行うと汗冷えを起こして体調を崩すことにつながります。

代表的な間違いがヒートテック。

効果的なアイテムに見えますが、ランニングには向きません。汗が乾きずらく濡れた状態で冷風をあぶることで体温がどんどん奪われますよ。

ぼく
ヒートテックはほんまにあかん!

こんな勘違いがよくありますので、正しい知識を持ったうえで防寒対策を行う必要があります。

これからはじめて冬ランをする人がこれを持っておけば間違いないという防寒対策グッズは冬ランニングの寒さ対策におすすめ防寒グッズ7つ!コスパアイテム厳選!にまとめてます。

冬のランニング注意点③脱水症状に注意しよう。

最後に、冬も脱水症状になります。

夏と違い大量に汗をかくことがないので気付きづらくなるのですが、空気が乾燥していて体の水分はあなたが思う以上に奪われています。

ノドが乾いていなくても意識して水分補給をしてくださいね。

ぼく
ちょっとしんどいけどマスクなんか乾燥対策でいいよ。

まとめ~冬のランニングは最高です~

というわけで、冬のランニングシーズンを2回乗り越えた僕が思う冬に走ることのメリットと注意点をまとめてみました。

冬ランのメリット
  • ダイエット効果はシーズン最強!
  • 冷え性が治る!
  • 夏より走りやすい!

 

寒い冬、家から出るのが嫌になる気持ちはわかります。

でも外に出て走り出せば楽しくて病みつきになることは間違いありません。

そして楽しく継続するには防寒対策が重要。

なんどもいいますが冬ランニングの寒さ対策におすすめ防寒グッズ7つ!コスパアイテム厳選!に必要なアイテムをまとめていますので参照してください。

なぜここまで寒さ対策をしてほしいかというと、冬に走って、風邪をひき、ランニングを休止したことで、そのまま走るのをやめてしまう人がとても多いからです。

ランニングは健康になるし、気持ちも前向きになれる素晴らしい運動習慣です。だからあなたが楽しく継続するために冬ランには防寒グッズをそろえることを意識してほしいと思います。

 

以上、”冬のランニングが辛いあなたへ。寒い日にこそ走るべき3つの理由と注意点”でした!

株で損したボクがFTSE100で救われた話
スポンサーリンク

【4コマ漫画】FTSE100との出会い…

FTSE100 配当